おしり 黒ずみ

おしりに出来た黒ずみを治す方法

 

おしりは黒ずみが出来易い場所の1つです。

黒ずみのない肌

座るときに圧迫されますし、少し動くと擦れます。
またショーツのゴムが擦れて、肌に負担をかけている場合もあります。

 

そのうえ蒸れやすい場所でもあるので、
不衛生になりやすく、ニキビができやすい環境でもあるのです。

 

おしりに黒ずみが出来ているという方は、
まずは
「何が原因で、おしりに黒ずみができてしまっているのか」
を判別する必要があります。

 

これは黒ずみが出来ている位置で分かります。

 

まずおしりの椅子に接触する部分でしたら、
長時間座りっぱなしでいることや、固い椅子に座っていることが原因です。

 

ショーツのゴム部分なら、ゴムのきついショーツである事や、
ショーツの素材が問題でしょう。

 

また、おしりにニキビもできていて、
黒ずみの位置が、ニキビが出来た覚えのある箇所なら、
おしりニキビが原因である可能性が高いと思います。

 

おしりの黒ずみを治したいのでしたら、
まずは原因を断つことが大切です。

 

座ることに関する問題なら、
出来れば座りっぱなしになる時間を短くしたいところです。
それが難しいという場合は、低反発クッションなどを。

 

ショーツは出来るだけ、コットン素材でゴムがキツすぎないものを。

 

蒸れが酷いようなら、ストッキングは出来る限り避けたいものです。
下半身全部を覆わないタイプのもの(ハイソックスタイプなど)を選ぶようにしてみましょう。

 

また日頃のケアには、ヒップ専用のジェルがお奨めです。

 

お尻は普段から、摩擦や圧迫などの刺激を受けやすい場所なので、
多くの場合、皮膚、角質が分厚くなってしまっています。
黒ずみが出来ているなら、なおさらです。

 

そのため普通のフェイス用や、ボディ用のものでは、
うまく浸透しないケースが多いようです。

 

ですから、本気でおしりの黒ずみを治したい!と思うのでしたら、
おしり専用の美容ジェルを使うようにしましょう。

 

個人的にはピーチローズがお奨めです。
少しお高いですが、効果が高く、リピーターも多いヒップ専用ジェルになります。

 


このページの先頭へ戻る